Pray for… at Antwerpen

 

アントワープの朝焼け。
ホテルの空調設備は古くてほぼ壊れており、暑いか寒いかの調整しかできなかった。錆びついて重く開けにくい窓にはじめは絶望したけれど(webの写真と全然違う…)、明け方にふと目を醒ますと美しく朝日に染まる普段着の街並み。

ベルギーはオランダとは隣の国だけど、治安や経済力、街を普段歩く人たちの空気感、建物の修繕度合い、こんなに違うのかと考えさせられることが多々ある。美しい街ではあるけれど、ちょっと気を張らないといけない気配を感じることも多い。

 

9EB1C62A-68B9-4C25-BB51-089B6128CA6E

良く言えばレトロ、な内装や、ゴットン・ゴトンという、およそスムーズな乗り心地でない電車に揺られて着く「世界一美しい駅舎」と呼ばれるアントワープ中央駅。
ぐんと広い駅だけれど、中央ホールから離れるとまだ工事中やテナントが入っていないスペースが目立つようになり、人影もまばらになる。

チケット販売機の前には若者が待機し、「僕たちの友達がさっき財布を盗まれた。彼女は家に帰れなくて困っているんだ、どうにか(お金で)助けてくれないか?」と通り過ぎる人へかたっぱしから声をかける。それも同じ手口であちこちに。

今はもう慣れてしまったものの、こうしてツーリストにフォーカスし金銭を乞う若者を見かけると、外から見てどんなに美しい街に見えても決して豊かではない国だと実感する瞬間でもある。

 

212DBEB3-91D2-423B-87DF-20D771760D4B

空きテナントがいくつも連なる街並みは観光エリアとほんの少しの距離。
ファッションの街として発信をしたり、ギルドハウスなど華やかなイメージのある国も、素顔はいつも前へ進むことに必死だ。
ヨーロッパは気軽に国境をまたげるし、地球で見た場合国境はない って言うけれど
いろいろな国を歩き、いろいろな国の人と話をするたびにやはり「国」を感じることはふとした瞬間に訪れる。

島国の日本で育った私は、ヨーロッパを憧れや華やかさの一面でしか知らない遠い世界だと思っていた。心が震えるほどの美しい一面も、ときおり感じる哀しみの過去が生きていることも、実際にその地の風を感じないと知らなかったこと。

全て含めて、世界は美しい。
近頃増えている、不穏なニュースに心を痛めては遠い地の誰かを想うこと。美しい朝焼けが誰にとっても希望の朝として迎えられますように。