Otaru Pathos After 6

 

 


“Gotcha Love” music by Estelle

 

 

30

閉店間際まで北一ホールで話をし、空想をし、詩集を読んで外に出ると午後5時50分。

32

空が青いうちは大いに賑わっていた通りもひとり、またひとりと消えていき、町が紅く染まるにつれて恋が始まったときのようなセンチメントに包まれる。

愛と郷愁はどこか似ている。

IMG_3295

北一硝子のサインにも灯りが入った。日中の小樽は仮の姿で、亡霊が夜を待つように、日が暮れるにつれ真の姿を現し始める。50年前、100年前へと戻っていくような目眩をも誘う。

小樽の夜は早く訪れる。

蔵造りのガラスショップや飲食店の殆どが午後6時には扉を閉めて、通りは黄昏時にはもう静まり返る。正直な気持ちを言えばせめて8時くらいまでは開いていてほしいけれど、現代人の、ましてやアメリカからやってきた人間の思いなど嘲笑されるだけなのだ、「分かってないね、小樽を」と。

IMG_3342

ここからは恋人たちの時間。

ふたりは小樽運河を臨む道路に出る。目の前を、家路を急ぐ車が少し冷たくなった春風を切って通り過ぎてゆく。夜の群青が下りて地上に残る紅を溶かしてゆく様子を彼女は見逃さない。

「寒くない?」彼が尋ねると、
「大丈夫。これが北海道の4月なんだね、きっと忘れないだろうな」

5

信号が青になって、運河へ。

団体の観光客はホテルへ、食事へと散っていき、揺れる水辺を眺めながら語り合う恋人たちが数組。フランス語、韓国語、ロシア語、そして英語。言葉は違うがみな一様に肩を寄せて佇み、小樽に漂う爽やかな哀愁で心を潤す。

31

午後7時。運河を後にしたら、少し飲もうかと目指すのは坂の途中の「小樽バイン」。

37

恋するふたりが人目も気にせず見つめ合うには少し明るくて広過ぎるが、すっきりとしたケルナーから始めて3つめのグラスを空ける頃、小樽ワインは瑞々しい媚薬であることを彼女は知る、今夜が忘れられない夜になる予感とともに。

34

小樽バインをあとにすると、通りの向こうに怪しく光る旧「日本銀行小樽支店」。この町が大切に守る歴史的建造物も夜には彼等の思い出づくりにひと役買ってくれる。

「ホテルに戻る?」
「せっかくだからもう少し歩こう、酔いを醒まさないと」

彼は彼女の手を取ってまた坂を下りていく。一生に一度の大切な言葉は、運河で贈ることに決めたようだ。

 

all photos by Katie Campbell / F.G.S.W.

にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ