Moments #2 Blue Bell の森へ

朝、洗い物をしながらふと思いついた。

町外れの森にそろそろブルーベルが咲いているはず。ラベンダーブルーのカーペットは、私を現実ではないどこかへ連れて行ってくれる。

まだ肌寒い曇りの午後。人影のない森に足を踏み入れる。

さっきまで吹いていた風や遠くに走る車の音さえ木々で遮られ、とても静かだ。
顔を上げた瞬間、青紫に染まった世界が目に飛び込んでくる。

IMG_2217

足元からスズランのような甘い香りが立ち上ぼり、幻想的な命の美しさに立ち尽くす。

思いっきり深呼吸して、心のモヤモヤを静かに吐き出してしまおう。

そうしたらもと来た道を戻ってうちに帰ろう。