硬水との戦い~Perpetual Battle with Hard Water #2

渡英してからというもの、硬水のおかげでガサガサの髪になったと前回お話しした。これは個人的な見解であって、髪の質によってはコシのある髪になって良かった、という人もいるので、そんなものかと流していただきたい。

そんなわけでイギリスでの私のヘアケア事情についてお話したいと思う。

SplitShire-3894

硬水でパサパサになりがちな髪と戦っているのは何も私だけではない。多くの女性が水を柔らかくする器具を取り付けたり、酢やレモンを最後の濯ぎに使ったり、なんなら飲料用の軟水を使う人もいるのだ。なんとまぁ面倒な!

ちなみに、水に触れれば触れるほどパサパサになるので、現地の人は毎日髪を洗わない人も多い。子どもなど洗髪は1週間に1回でいい、と話すドクターもいるほどだ。

それを耳にしてからは、週1回ほどドライシャンプーにシフトしたら少し乾燥が改善。ドライシャンプーとは、「洗い過ぎないヘアケア法」で、日本でもミランダ・カーが実践する美容法として取り上げられていたのでご存知の方もいるだろう。専用のパウダースプレーで地肌の汚れや油分を押さえ、洗髪の負担を軽減する。

IMG_2260

ドライシャンプーはいろんな香りや髪の色に合わせてパウダーの色も選べるので、ヨーロッパの硬水で髪がパサつき毎日シャンプーするのが傷みそうで辛い・・・とお悩みの方におすすめしたい。

そして海外の田舎に住んだなら、次は「どこで髪を切るか」という問題にぶち当たる。

女性にとってお気に入りの美容院とは、スタイリストの腕や相性、店の雰囲気など条件は人によって色々あるだろう。私も日本では納得できる美容院を見つけるまで、ずいぶん長い時間を費やした。そのお気に入りの美容院は今でも帰国すると必ず寄る大事な場所となっている。

そんな美容院探しだが、渡英前にイギリスの美容院事情について調べたところ、ロクな事が書かれていなかったのにも身構えた。日系美容院に行くことも考えたが、大都会ロンドンまでは、はるか遠い・・・。

まずは、意を決して地元の美容院に挑戦してみた。

brad-fickeisen-203671

多くの美容室ではカットのみの場合、基本的にシャンプーはない。私の行った美容院ではスプレーでチャチャッと髪を湿らし20分程でカット終了。最後は湿った髪にヘアアイロンをジューッと当て、終わり。

「これでどうかしら?」

直毛ではないがきっちり全方向直毛仕上げとなった。ボブなので、なんかクレオパトラ風。もちろん希望ではない。

何度か通い、こんな感じと写真を見せたり、なんとかニュアンスを伝えたがアジア人の髪とはこうあるもの、という固定観念でもあるのか、どうも素敵な仕上がりにはならず諦めた。

うーん・・・・・・。

次なる挑戦は、友人のおすすめで自宅で美容院を営むヘアスタイリストさんの元へ。真っ赤なショートヘアがファンキーでとても良い人だったのだが、自宅というプライベートな場所に美容院独特の心地良さは全く感じない。

仕事から帰宅したご主人が作業着のままお茶を出してくれたり、飼い猫や犬がウロウロしたりして、プライベート感がハンパない。

えーと・・・・・・。

加えて友人が言うには、クリスマスにはスタイリストにプレゼントやらお金やらを包まなければならないらしい。イギリスの美容院では普通に行われていることのようで、私はクリスマスには£20(3000円ほど)をプレゼント。別にサービスが良くなるわけでもない。

結局、彼女には悪いがここも行くのをやめた。

行かなくなった一番の理由はやっぱり日本人独特の髪質・骨格を見極めてカットすることができない、ということにつきる。どう伝えても、おしゃれなヘアスタイルから遠のいていくのだ。

だからと言って伸び放題のまま過ごすのも耐えられない。いっそ自分で切ってしまおうか・・・。一瞬ハサミを取ってはみたが、いやいや・・・無理だろうと断念。

いろいろ悩んだ末、友人らを集め交通費を人数分で割る方法でロンドンから日本人美容師さんに我が家に来てもらうことにした。イギリスでは自宅に美容師さんに来てもらいヘアカットする方も少なくない。「今日は家に美容師が来るから~」なんて会話も普通にある。

美容師さん側も店に雇われているよりも直接お金が入ってくるので、バイト感覚でそういう働き方をする人も多い。しかもロンドンにはワーキングホリデーなどを利用して働く日本人の美容師さんが多いのだ。

30686071650_d1a9c58c29_b
Photo by NASA Johnson

そう、家で髪を切るってこんな感じ。終わった後の掃除がものすごく大変というデメリットもあるが、家族全員一気に切ってもらえる便利さもあるし、しかも普通の美容院よりリーズナブル。

日本の友人に、

「今までどこで切ってたの?」と尋ねると

「地元の美容院か日本に帰国するまで我慢してた」

とのこと。海外の田舎に住むということは己の妥協との戦いなのだ。

もしも不幸にも海外の田舎に住むようになってしまった場合や、納得した髪型にならない!と感じている方がいれば少々手間はかかるが、日本の方に手を委ねる、という方法もあると知ってもらえれば幸いだ。

最後に、イギリスの名誉のために書いておくが、カラーリング技術はさすがに先進国。こちらでは数日前にパッチテストをし、皮膚に異常がないかキッチリ調べて初めて施術してくれる。肌の弱い方にも安心で、ツヤの出るカラーリング剤を選んでくれ、それは美しい仕上がり。ドラッグストアでもカラーリングの種類の多さは圧巻。どうりでブルーやピンクのカラフルな髪の人も多いのね。

【今日のひとコマ】

日本で小さな頃から馴染みのパン、「ミニスナックゴールド」が人気再燃とニュースで知った。どうしても食べたくなり、自作してみる。

IMG_2229

通常の菓子パン生地に、市販のパイシートを重ねては伸ばしを繰り返し形成。アイシングで仕上げたら、まぁソックリ!味はやっぱり昔から食べてたヤツのがうまい。何かが違う・・・。