The Best Coffee in Amsterdam – コーヒーはワイングラスで

ヨーロッパのコーヒーは美味しい、と日本やアメリカから来た友人たちはみな口を揃えて驚いている。ここオランダでも、コーヒー文化のレベルはとても高い。

わざわざStarbucksに行かなくても€2前後で挽きたてのエスプレッソやアメリカーノが飲めるし、ラテは€3でおつりがくる。カフェ独自のロースターでBeansを揃えているところも多く、個人向けのワークショップを開いているカフェもあちこちにあるほど。節約家のオランダ人でも、日常に美味しいコーヒーがあるのは別格で当たり前の風景なのかもしれない。

Barbar、インテリアショップ、書店やデニムショップでも、素敵だと思うショップにはたいていカフェが併設されていて、コーヒーを楽しみながらゆったりとショッピングができる光景は見かけるたびに気持ちがいい。どこへ行っても香ばしい匂いが鼻をくすぐり、どのロースタリーの豆を揃えているかでショップが持つセンスや感度の良さも伝わってくるのだ。

8

アムステルダムにある「Scandinavian Embassy」はオランダのバリスタチャンピオンがいるカフェ。公園の向かいに店を構えている、知る人ぞ知るシンプルで小さな佇まいだ。

ヨーロッパの「公園」は、まるで森のように大きなフィールドで、自然の中を歩いているよう。外から見てもこんもりとした緑の木々が生い茂って、瑞々しい景色をつくる。夏は店内からの窓はめいっぱいの緑が眺められて心地良い。

3

決して広くはないけれど、無垢の木を使った素朴で温かな手作り感のある店内。注文すると目の前でコーヒーを淹れてくれて、カウンターの中では手焼きのスイーツやフードを仕込んでいるのが見える。

反対側には、ブリックを白くペイントした味わい深い壁がある。解体をした時の、欠けた凹凸や年月を重ねた歴史をさりげなく感じられる壁はとても絵になるので、インスタグラムの格好のフォトポイントだ。

1

蜂蜜漬けのナッツ、ミューズリー、チョコチップや砂糖などが並ぶ。何になるかわからないけれど、コーヒービーンズが液体に漬けられているものも。使い込まれたキャニスターが整然と並ぶ姿は美しくて、ちょっと真似してみたくなる。ガラスから中身が見えるという景色は、想像を膨らませて楽しい。

6

数々の獲得した賞や、トロフィー。2017年の「Dutch Brewers Cup」のチャンピオンを獲得した証も、ここにある。今日はチャンピオンはいなかったけれど、とても可愛らしい女性とのこと。KINTOや、HARIO、日本のプロダクトがオランダのカフェシーンでも大人気。母国のものが愛されているのを異国で見るのは少し嬉しくなる。

7

とても暑い日だったので、メニューで惹かれた「Coffee Tonic」をオーダーすると、サーブされたのはワイングラス。Cold brewで丁寧に淹れられたフルーティーなコーヒーの酸味に、トニックウォーターの爽やかさが加わって、「コーヒーのフレッシュジュース」と表現したくなる味わい。

ワイングラスは香りを楽しめるため、Cold Brewのコーヒーを楽しむのに向いているそう。でも、ステムを持ちながら飲むのは気持ちをひとつ上に高めてくれるのもなんだか嬉しくなる。特別な時間を楽しんでいるような気分で、コーヒーを飲むのも格別だ。

5

Scandinavian Embassy
Address : Sarphatipark 34, 1072 PB Amsterdam