Mellow Yellow Hokkaidow~秋色北海道

“Hello My Friend” by America

 

 

短い夏が去っていった。

季節が変わったと教えてくれるのは山から流れてくる冷たい風と、街中を柔らかく包み込んで胸をきゅっとせつなくさせる、優しい黄色の世界だ。

10

カラーコード#FEF263・黄檗色(きはだいろ)。

東川町キトウシ森林公園のルックアウトから見る秋色風景は、稲の刈り入れを控えた今が一番美しい。車のボンネットに寝転がってしばらくじっと見ていると、太陽の角度が変わるにつれて下界を覆う黄色少しずつ変化していく。

現実であることを忘れてしまう、一瞬の錯覚が楽しい。

2

晩夏の北海道を彩った女郎花色のルドベキアもそろそろその役目を終え、次の季節へと命を繋ぐ。

11

家路を走る私たちを和ませるのは、山吹色の田んぼに差す午後4時の日差しの温かさ。

3

丘には金茶色のキバナコスモスが色鮮やかに咲き乱れ、秋の訪れを歓迎する。青空にも、雨の日にも似合うこの花が、私は今の季節一番好き。

6

太陽の恵みも繊細な承和色(そがいろ)の葉に守られて、今年も大きく育ちました。もうすぐ刈り入れ、私たちが白く小さな新しいいのちの粒に出会えるのももうすぐだろう。

1

柑子色(こうじいろ)のケイトウ、花言葉は「おしゃれ」「気取り屋」「色褪せぬ恋」。毛先に残った夏の欠片が風に飛ばされてシャボン玉と消えてしまっても、二人の恋は秋とともに深まっていく。

7

今日の旭岳は鶏冠石(けいかんせき)の黄。紅葉の見頃を迎えた山肌が傾いていく陽光に照らされて、青空に凛と聳える日中の姿とは違う、女神の微笑にも似たソフトな一面が恋しい気持ちを呼び覚ます。

ふと母の声が聞きたくなる。明日は電話をしてみよう。

2

夏季限定のこのドリンクもベンディングマシンから姿を消し、代わりにアップルティーがディスプレイされていた。

5

気まぐれな秋の空は刈り入れの終わった飴色の麦畑を憂鬱にさせる。

灰色の雲が広がり、雨が降り、虹が出て、また雨が降り、丘が眠りにつこうという頃、この道の向こうから冬の精・雪虫が7日後の初雪を告げにやってくる。

4

9月の夕陽ははちみつ色。ミルキーなオレンジをほんのり含み、柔らかに暮れていく。

澄んだ風がいい気持ち。肌寒くても少しの間ここに立っていよう、あの太陽が、地平線へ沈むまで。

9

“Nothing dies as beautifully as autumn.” – Ashlee Willis, A Wish Made of Glass

 

 

 

にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ